Brand Story

Levante(レヴァンテ)について

IDENTITY アイデンティティ

自社農園のオリーブを利用した一貫生産

1902年イタリアのカセッタ家が、オリーブの搾油事業を、果実にとって最も良い気候の1つといわれるイタリアのプーリア州アンドリアで始めました。

レヴァンテは、栽培から収穫、生産、パッケージングに至る全行程を自社で行う数少ない製造メーカーです。自社の畑のオリーブの実を、木の下にシートを敷き、機械で幹を揺らす等して、収穫します。オリーブの実は、枝から離れるとすぐに酸化を始めるため収穫後、新鮮なうちに直ちに作業を開始します。自社の畑は、搾油所の隣にあるため、新鮮なオリーブの実を収穫しすぐに搾ることができます。
搾油は、二つの花崗岩でできたローラーを車輪のように回転させて、粉砕を行う圧搾法を用いています。この伝統的な製法はオリーブの香りや成分をより引き出し、個性をはっきりさせるといわれています。

また、レヴァンテは生産工程に関わる必要なエネルギーを、本社入口にある太陽光パネルや、自然エネルギー等を利用することにより、自社で生み出し、まかなっている、環境に優しい企業です。

EVOO エクストラバージン オリーブオイル

プーリア州の品種である、コラティナ種

イタリア全土の年間生産量のほぼ半量が生産されている最大の産地であるプーリア州。プーリア州のオリーブオイルは、色調は淡い黄緑色で、香りはオリーブ果実そのものらしさがあり、比較的苦味・辛味の少ないマイルドな風味が特徴です。
レヴァンテのオリーブオイルは、その南イタリアのプーリア州の品種である、コラティナ種などを中心にしたオリーブからつくられています。コラティナ種は、ポリフェノール含有量も多く、そのためはっきりとした風味で、新鮮なオリーブ特有の香りです。アーモンドを思わせる、スパイシーで少し苦みのあるあと味です。

エクストラバージン オリーブオイル 製造工程

工程 1 : オリーブ収穫

自社農園での収穫 ⇒フレッシュなうちに次の作業へ移行

工程 1 : オリーブ収穫

工程 2 : 洗浄

専用の選別機で葉や枝などを取り除き、2回洗浄して更に不純物が除去される

工程 2 : 洗浄

工程 3 : 粉砕

伝統的製法である、花崗岩でできたローラー圧搾をすることで、香りや成分をより引出し、ペースト状態にする

工程 3 : 粉砕

工程 4 : 攪拌

ペーストを攪拌する

工程 5 : 搾油

製品が、オイルと水分と搾りかすに分けられる

工程 5 : 搾油

工程 6 : 品質検査

専門家による細かいチェックをする

工程 6 : 品質検査

工程 7 : タンク保存

タンクで保存する

工程 7 : タンク保存

工程 8 : ろ過・瓶詰め

ボトリング工程は完全に自動化されている

工程 8 : ろ過・瓶詰め

工程 9 : 箱入れ

工程 10 : 倉庫保管

工程 11 : 出荷