ヒーター

保温箱の全自動温度管理ヒーター  インテリヒーター

画像:保温箱の全自動温度管理ヒーター  インテリヒーター

インテリヒーターには、分娩柵保温箱用と離乳子豚用の温度設定が異なる2タイプがあります。

仔豚の体表温度をセンサーで感知し、保温箱ルーフ内に溜まる熱を有効活用して、日齢に合わせた最適温度へインテリヒーターが全自動温度コントロールするので、仔豚は体感温度が上がり、電気の大幅節電も可能です!

ランプ 標準仕様:150W x 2個=300W
(200V仕様は、150W x 4個まで増設可)
主電源 標準仕様は200-250V 50/60Hz(±10%)(100V仕様も供給できます)

離乳子豚使用例

分娩柵保温箱使用例

マスターヒーターACO funki

設置したまま、高圧洗浄機で直接洗えるヒーター IPX9K防水仕様

マスターヒーター

特長

  • 省エネ :コントローラーとの併用で畜舎内の電気消費量を最大50%削減。
  • 均等な放熱 :一般的なヒートランプに比べ、熱の広がりが均等であるため、子豚の食下量と生存率が上がります。薬の使用も減ります。
  • IPX9K防水仕様 :掃除と保守が簡単。高圧洗浄機を使用し、高い衛生状態を保つ助けになります。
    ※ターボノズルを使用の場合は40~50㎝以上離して下さい。
  • 長寿命 :通常のヒートランプのように熱電球を使用していないので長持ち。
  • 火災の危険低減 :通常のヒートランプと比べ、熱温度が低いため、火災の危険を下げます。

温度分布比較(左:ランプ型・右:マスターヒーター)

注意:設置は保温箱にルーフが必須です。また、電源コードにプラグはついておりませんので、必要に応じてご用意いただく必要があります。ご不明な点はお問合せください。

ピギーヘルプマットACO funki

生まれたばかりの子豚を冷えから守る電熱ゴムマット
分娩時に使用 - 新生子豚の最良スタート

  • 子豚を冷えから保護
  • 生存率の向上 
  • 分娩後の早い回復
  • 置くだけで移動が簡単
  • ノンスリップ加工洗浄および消毒可

生存率の向上

ピギーヘルプマット未使用の場合、新生子豚が最初に経験する最低温度はおよそ11℃となります。
ピギーヘルプマット使用の場合、36~38℃となります(最大45℃まで調整可)。新生子豚にとって、良いスタートとなりますので、生存率の向上が期待されます。

ピギーヘルプマットは分娩時に母豚の後方で使用する電熱マットです。子豚が生まれた際におよそ39℃の温かいマットに着地します。
これにより、新生子豚は床冷えのリスクが減少するので、最良スタートを切れます。初期トライアルにおいて、期待生存率が腹当り0.2頭になると示されております。

重要:分娩使用後、マットは退かして下さい。

ピギーヘルプマット仕様

寸法 350 x 860 x 10 mm
電源 200-240 V
消費電力 320 W
温度 標準 39°C 調整範囲 30-45°C
特長 持ち手付き
ケーブル 長さ4.5 m(マット付近コーティング保護)

タイマー

特長 仕切壁取付け用ホルダー付き
スタート/ストップ ディレイスタート設定可
使用時間 連続または時間限定で使用可)

材質および仕様が変更になる場合がございます。