『第9回 ワイドギャップ半導体に関するアジア・パシフィック・ワークショップ (APWS2019)』へ出展します。

2019/10/16

2019年11月11日(月)~ 14日(木)、沖縄科学技術大学院大学 (OIST)にて開催される『第9回 ワイドギャップ半導体に関するアジア・パシフィック・ワークショップ (APWS2019)』に出展します。 

詳細は以下の通りです。

開催概要

会期 2019年11月11日(月)- 14日(木)
開催場所 沖縄科学技術大学院大学 (OIST)

展示内容

ワイドギャップ半導体は、すでに普及している青色LEDや最新の新幹線にも採用されたパワーデバイスなど 様々や特長があり、省エネルギーをキーワードとして注目されている材料となります。
当社では ナノ加工を用いた光取り出し向上に最適な自社装置の開発やSiC、GaN、Ga2O3などの 各材料に対する研究開発向け表電極パターン、イオン注入、裏面電極など最適な加工方法を用い、 ワンストップ(単加工も可)で1枚から受託致します。

当日はナノの微細構造を実現するナノインプリント装置 TEX-01を実機展示する予定です。

光取り出しに有効なナノ加工が簡単に加工できる自社開発 ナノインプリント【TEXシリーズ】
• 光取出し効率向上!非真空、非加圧で加工が可能!

是非当社ブースへお立ち寄りください。