プラスチック光学レンズ成型(成形)用金型のメンテナンス

射出成型の金型メンテナンスは必要不可欠。しかし逆にメンテナンスの仕方によっては、品質や精密さを劣化させる原因になったり、手間や費用のコストアップになっていませんか?

ドライアイス剥離洗浄機「スーパーブラスト」で、金型の品質を損なわず、かつ手間やコストを低減したメンテナンスが可能になります!

プラスチック(樹脂)レンズ製造に用いられる、射出成型(成形)の金型。その洗浄やメンテナンスにおいては、金型メーカーに修理に出す方法と、自社でメンテナンスする方法が一般的ですが、どちらの方法にも、手間や費用の課題があります。

従来の金型メンテナンスの運用方法

金型メーカーへ委託

<メリット>
品質は保証される。
<デメリット>
× 委託準備に手間(時間)と費用がかる。

自社で再生

<方法 1>ブラッシング
× 個人差があり、金型を傷つけてしまうリスクがある。
<方法 2>サンドブラスト
× 金型へのダメージとブラスト粉末の回収

実際に、ドライアイス剥離洗浄機「スーパーブラスト」で洗浄してみると…

光学用途のプラスチックレンズ向けには、プラスチック素材(種類)としてポリエステル樹脂を用います。樹脂成型用の金型の表面は、離型性を高める為に、電解ニッケルメッキ(Niめっき)加工による鏡面になっています。また、成型(成形)用の精密金型には、微細孔やスリット等、複雑な表面形状のものもあります。このような精密金型においては、メンテナンス時の洗浄後にも、新品と変わらない高精度を保っている事が求められます。

当社ドライアイス洗浄機「スーパーブラスト」の、パウダー状の微細なドライアイスを吹き付ける独自の方法により、金型にダメージを与えない自社洗浄が容易に可能となります!

Ni(ニッケルメッキ)鏡面板へのドライアイスブラスト洗浄、噴射方式別ダメージ比較

噴射方式が異なるドライアイスブラストで、ニッケルメッキ(Niめっき)鏡面をブラストした後の表面状態写真です。

当社スーパーブラストは鏡面を傷つけません。

スーパーブラスト

スーパーブラストによるニッケル洗浄結果写真

ドライアイス粒径 0.3mm

他社ドライアイスブラスト洗浄機

他社ドライアイスブラストによるニッケル洗浄結果写真

ドライアイス粒径 3mm

洗浄条件:エアー圧力0.5Mpa、洗浄時間5秒、洗浄範囲4cm2
*歪んでいるように見えますが、蛍光灯が反射して写っているためです。

DEKTAK(表面粗さ計)によるRa測定結果

  洗浄前(未処理表面) 洗浄後重力式(当社洗浄機) 洗浄後直圧式(他社洗浄機)
粗さ 4~8 nm 4~8 nm 計測不能
結果 - 洗浄前と変化無し! 凹凸が大きく測定できず

洗浄条件

  • 汚れ:COP系樹脂、油、トルエン痕
  • 金型の状態:Niメッキ(鏡面) 表面温度120℃
  • 洗浄範囲:左右凸凹金型 □300mm
  • 洗浄機:スーパーブラスト Reborn
  • 洗浄時間:片側3分 合計6分

結果

  1. 洗浄後の外観検査
    表面にはダメージはみられず、Niメッキ(鏡面)を傷つけていない。
  2. 成形品検査
    メーカーでのメンテナンス品状態は変わらない。
    金型へのダメージはないと判断できる。
  3. 成形品へのアルミ蒸着後検査合格。
    *洗浄が不充分であると、表面にシミ・汚れが浮き出してくる。

検索用入力欄

記入時注意事項

  • テーブルの行列は変更しないでください。
  • 分類が複数ある場合は、| ←半角の縦棒で区切って連続で入力してください。
    また、区切り文字の前後に空白は入れないでください。
製品分類1 精密洗浄・ドライアイス
製品分類2 受託洗浄サービス
プロセス分類
サムネイル画像 プラスチック光学レンズ成型(成形)用金型のメンテナンス
説明文
リダイレクトURL