生体機能チップ Organ-on-a-Chipmicronit

Micronit社のOrgan-on-a-Chip は、ガラスとメンブレンによる再封可能な三層構造チップです。細胞培養メンブレンの上下に流路チャンバーを形成することで様々なかん流細胞培養環境を作りだします。

Micronit社のOrgan-on-a-Chip は、ガラスとメンブレンによる再封可能な 三層構造チップです

ポンプ組み合わせたトータルソリューションを提供

Micronit社の専用チップホルダーには最大4枚までのOrgan-on-a-Chipを搭載することができ、Fluigent社のポンプと組み合わせることで細胞培養のための様々なフロー環境を提供すること可能です。

ポンプ組み合わせたトータルソリューションを提供

チューブの繋ぎ方次第で、細胞を個別に管理したり、相互作用を確認したりすることもできます。

生体内に近い環境での細胞培養を

流体、流路内の細胞、組織を置くことで、生体内環境により近い状況での培養が可能になります。また液体-液体培養だけでなく、気体-液体培養といった環境に細胞を曝すことで、皮膚や肺といった組織に近い環境を与えます。

Organ-on-a-Chip かん流プラットフォームの特長

  • 安定した流体制御が可能
  • 細胞培養効率が向上
  • モジュラー設計で、増設も可能
  • コンパクトサイズで最大4チップまで搭載可能
  • 液体だけでなく、ガスフロー制御も可能
画像:Organ-on-a-Chip かん流プラットフォーム

生体内に近い環境でライブセルイメージング

インキュベーターに導入できるレンズレス顕微鏡SENZAと組み合わせてOrgan-on-a-Chipでのライブセルイメージングが可能になります。 明視野、位相差で同時観察ができ、1台で最大同時に24チップの観察が可能です。

Organ-on-a-ChipとSENZA
分解能 0.5µm
フル解像度時の実視野 3 x 3 mm2
最大実視野 6.4 x 4.6 mm2
位相差精度 ~10nm
最大イメージングユニット数 24

1台で最大同時に24チップの観察が可能

検索用入力欄

記入時注意事項

  • テーブルの行列は変更しないでください。
  • 分類が複数ある場合は、| ←半角の縦棒で区切って連続で入力してください。
    また、区切り文字の前後に空白は入れないでください。
キーワード分類1 細胞培養
キーワード分類2 マイクロ流体
キーワード分類3
製品カテゴリ1 装置
製品カテゴリ2 細胞培養
分野 創薬|癌|再生医療|臓器シミュレータ|個別化医療|生体イメージング|モデル動物|細胞イメージング
サムネイル画像 生体機能チップ Organ-on-a-Chip
説明文 マイクロ流体構造を利用したかん流細胞培養イメージングシステムです。
リダイレクトURL