細胞培養・小動物実験用加圧チャンバー

細胞培養実験・小動物実験のための加圧環境を作り出します!

細胞培養・小動物実験用加圧チャンバー

加圧チャンバー HP-001

  • 加圧制御
  • ガス消費量の低減
  • 電源不要
  • 安全弁付(0.70MPa以上の加圧で作動)
加圧チャンバー HP-001 製品仕様
1.本体材質 SUS304
2.使用圧力 0.01~0.30MPa(設計圧力0.70MPa)
3.使用温度 4~40℃
4.内容量 約1.8L
5.寸法 内径107Φ、高さ210mm

使用圧力についてご希望ございましたら、まずはお問い合わせください。

細胞培養実験

ガスボンベから圧力調整されたガスを加圧チャンバーへ供給することで、チャンバー内を加圧(~0.30MPa)制御しながら細胞培養実験ができます。加圧チャンバーの内圧は、チャンバー本体上部にあるレギュレーターにより確認することができます。プレミックスガスボンベと組み合わせることで、加圧環境に制御しながら低酸素や高酸素実験が可能です。

使用例)再生医療:通常の大気圧条件下では血液中の酸素濃度には限界がありますが、高圧にすることで酸素濃度を上げることができると言われており再生医療向けの実験に使用可能です。

小動物飼育

チャンバー内を加圧(~0.40MPa)制御しながら小動物実験ができます。加圧チャンバーの内圧は、チャンバー側面にあるレギュレーターにより確認することができます。小動物を入れるチャンバー部分にアクリル材を使用することで、実験時に外部より観察することも可能です。換気用の送気弁と排気弁が付いており、チャンバー内圧の変動を抑えながら、換気を行うことが可能です。

 使用例)細胞治癒に効果があると言われる高圧酸素療法の研究など。

細胞培養実験/小動物実験

=> 加圧環境下で細胞培養/小動物実験を行いたい

高圧環境下での細胞培養イメージ
必要とする装置/器材
加圧チャンバー、ガスレギュレーター、ガスボンベ(圧縮空気またはプレミックスガスボンベ)

 

付属のシャーレラックにより、簡単にシャーレ本体を取り出せます。

複数のシャーレを入れるオプション
複数のシャーレを入れるオプション

シャーレラック(90mm)を併用することで、容易にシャーレをチャンバー内に出し入れすることが出来ます。使用するシャーレやディッシュによってラックを特注することも可能なので、ご相談ください。

検索用入力欄

記入時注意事項

  • テーブルの行列は変更しないでください。
  • 分類が複数ある場合は、| ←半角の縦棒で区切って連続で入力してください。
    また、区切り文字の前後に空白は入れないでください。
キーワード分類1 細胞培養
キーワード分類2 圧力制御
キーワード分類3
製品カテゴリ1 装置
製品カテゴリ2 細胞培養
分野 創薬|癌|再生医療|モデル動物
サムネイル画像 細胞培養・小動物実験用加圧チャンバー
説明文 細胞培養・小動物実験のための加圧環境を作り出します。
リダイレクトURL
キーワード分類1 動物実験
キーワード分類2 圧力制御
キーワード分類3
製品カテゴリ1 装置
製品カテゴリ2 動物実験
分野
サムネイル画像 細胞培養実験・小動物飼育用高圧チャンバー
説明文 細胞培養・小動物実験のための加圧環境を作り出します。
リダイレクトURL