マイクロ流体を応用した3次元細胞培養デバイス CEP3D-II

CEP3DIIは2つの異なる大きさのウェルを微小流路で繋ぐことで流路内に薬剤濃度勾配を形成します。
流路内に注入する培地、添加剤、細胞も少なくて済むので、薬剤ハイスループットスクリーニングに応用可能です。

マイクロ流体を応用した3次元細胞培養デバイス CEP3D II

CEP3D-Ⅱ足場材、細胞、薬液添加方法とその効果

コラーゲン、ヒドロゲルなど足場材等を注入することで、ヒトES/iPS細胞の三次元培養も可能になります。

CEP3D-Ⅱ足場材、細胞、薬液添加方法とその効果

マイクロ流体を応用した3次元細胞培養デバイス CEP3D II 製品仕様

製品仕様 CEP3D-Ⅱ mini スライドガラスサイズ 16ウェル CEP3D-Ⅱ ウェルプレートサイズ 96ウェル
ウェル穴径 1φ-2φ
ウェル中心間隔 9mm
流路サイズ 幅0.8mm 高さ0.2mm
トータル容積 約10μl (ウェル+流路容積)
材料 シクロオレフィンポリマー(流路、ウェル部分)
その他 個包装、電子線滅菌済み、エンドトキシンフリー、日本製

 

光超音波顕微鏡 Hadatomo

検索用入力欄

記入時注意事項

  • テーブルの行列は変更しないでください。
  • 分類が複数ある場合は、| ←半角の縦棒で区切って連続で入力してください。
    また、区切り文字の前後に空白は入れないでください。
キーワード分類1 細胞培養
キーワード分類2 マイクロ流体
キーワード分類3
製品カテゴリ1 ツール
製品カテゴリ2 細胞培養
分野 創薬|癌|再生医療|臓器シミュレータ|個別化医療|生体イメージング|モデル動物|細胞イメージング
サムネイル画像 マイクロ流体を応用した3次元細胞培養デバイス CEP3D-II
説明文 三次元培養を可能にし、流路内に薬剤濃度勾配を形成する細胞培養容器です
リダイレクトURL